風俗には稼ぎたいなら稼げる日時と混む時間帯を選んで出勤すべし!「サムネイル」

風俗には稼ぎたいなら稼げる日時と混む時間帯を選んで出勤すべし!

風俗は普通の仕事と比べて短時間で日給2万円ほど稼ぐことができ、かなり割の良いアルバイトとして女性から密かに人気を得ています。

借金返済、お小遣い稼ぎ、将来への貯蓄、生活費稼ぎなど様々な理由で風俗店に勤務している人が多いですが、実は日によって稼げる時と稼げない時があるのをご存知ですか?

稼げない時でも保証はついているため、お給料0円で帰ることはありませんが時期や日時によってそういう時もあるのです。

せっかく仕事に来たのに、偶然稼げない日にあたってしまったら最悪ですよね。

そこで、知っておきたいのが稼げる曜日、時間帯、時期です。

この3つを知った上でシフトを入れておくとスムーズに稼ぐことができます。

もちろん、確実な保証はありませんが、それでも稼げない日に当たるよりかはマシだと思います。

はじめての方やもっと給料をあげたい方はぜひ参考にしてみてください。

風俗って実は稼げる日と稼げない日がある!

実は風俗って稼げる火と稼げない日があるって知っていましたか?

私もはじめの頃はそういった日にちや時間帯があるなんて知らず、空いている日にシフトを入れまくっていましたが、結構当たり外れが激しかったのを覚えています。

「暇だから今日仕事入れよう」と思ったら、あまり客が来ず待機室で何時間も待たされてしまい、「早く帰りたい」と思っていましたね。

ただ慣れてくると、どの曜日が、時間帯が稼ぎやすいというのがわかってくるのでそこを狙って出勤をしていました。

そしたら闇雲にシフトを入れていたときよりも確実に稼げるようになったのです。

もちろんこれらが確実に稼げるという保証はありません。

通常よりも稼ぎやすいというだけです。

しかし、どうせ稼ぎたいなら混む時間帯や曜日を選んで出勤したほうが効率良いかと思います。

下記では稼ぎやすい日をご紹介していきたいと思いますので、風俗で働きたいと考えている女性はぜひ参考にしてください。

一番稼ぎやすい日はいつ?

ここでは一番稼ぎやすい日についてご紹介していきたいと思います。

最初のうちは下記を参考に出勤し、稼いでみることをおすすめします。

何回か働いていると、どの時間や曜日が稼ぎやすいのかが分かってくるのでおすすめです。

週末(金曜から土曜あたり)

最も稼ぎやすいといっても過言ではないのが、週末です。

  • 金曜の夜から土曜日ぐらいは、ゴールデンタイム
  • 具体的には金曜の20時以降から土曜日の23時ぐらいまで
  • 結構閉店ギリギリまで客が来るので深夜帯を狙うのもあり

ですが、ここで一つ注意なのが酔っ払いです。

週末ともなると呑んだくれた状態でお店に来るお客様もいるため、慣れていないとかなり大変です。

特に入ったばかりの女性と見ると、無理やり本番行為を迫ったり乱暴なプレイをしてくる男性もいるため、そうしたお客を相手にするのが怖いならこの時間帯はやめておいたほうがいいでしょう。

そして、週末には女の子も多く出勤しているため指名を取れず、ずっと待機...なんてこともあります。

新人のうちは稼ぎやすいですが、ある程度慣れてくると指名を取らなければ稼ぎにくくなるので新人期間中に常連を作っておきましょう。

給料日前後(月末あたり)

給料日前後も稼ぎやすいと言われています。

一般的な会社員の給料日は大体25日くらいのため、そこを狙って出勤するようにしましょう。

東京のように栄えているところは給料日前後が最もお客が多く来店するため、稼ぎやすいと言われています。

私自身も東京の風俗店で働いていましたが、給料日前後になるとかなり客が来て1日最大で5~6本ほど指名されたことがあります。

限られた短い時間で働いていたため、終わったらまた仕事...みたいな感じでかなり忙しかった記憶があります。

あまりメジャーではない風俗の場合は分かりませんが、首都圏の場合は給料日前後がかなり稼ぎやすいため、出勤してみてはいかがでしょうか。

平日(月曜日から金曜日)

平日はほとんどの人が働きに行っているため稼ぎにくいと言われていますが、そんなことはありません。

週末の夜と比べると乱暴なお客は少なく、ゆったりとマイペースに働くことができます。

夜勤明けの人や平日休みの人、仕事の休憩で来る人もいるため客層も落ち着いているのが特徴的です。

地方のお店は分かりませんが、東京の場合は昼間でもそれなりに稼ぐことができます。

人気店の場合は、1日2、3本ほどでも日給2万円ぐらいのため旦那や子供がいない時間で稼ぎたい人や、夜は難しそうな人におすすめです。

また、昼間に来る客は基本的に富裕層が多いためリピーターになってくれる可能性も高いです。

新人期間中にリピーターを確保したいなら、女の子が少なめの日中を狙っていくようにしましょう。

一番稼ぎやすい時間帯は?

では一番稼ぎやすい時間帯は何時くらいなのでしょうか。

ここではその時間帯について詳しくご紹介していきたいと思います。

20時~24時ほどが一番稼ぎやすい

やはり仕事も終える20時~24時が一番稼ぎやすいと言われています。

ただその分酔っ払いや痛客などの相手もしないといけないため、新人の頃は少しむずかしいと思います。

慣れてきた頃に入ったほうがいいでしょう。

集客の多い場所では15時から稼げることも

都内の場合、人気店では15時以降から稼げることもあります。

夕方は仕事が終わって早めに帰宅する人も多く、寄り道感覚でやってくるからです。

たまには違う時間帯にも入りたいという人は、15時ぐらいを狙って入れてみてはいかがでしょうか。

稼げない日や時期は?

では、逆に稼げない日はあるのでしょうか。

詳しくご紹介していきたいと思います。

女性の出勤が足りない時

一つ目は女性の出勤が足りないときです。

基本的に風俗は女性がいればいるほど儲かりますが、極端に少ない日は稼げないのです。

そんな日に運悪く出勤してしまうと、稼げずに終わってしまう場合もあるためあらかじめ運営サイトの方を見て確認しておきましょう。

また、出勤が足りていないときに入ってしまった場合はほとんど待機状態なので、日給保証がもらえるまで店舗の方にいてもいいかもしれません。

ちなみに私の場合、あまりにも暇すぎて仮病を使って帰ったこともあります。

特にやることがなく、「今日はあまり来ない日だな」と分かったら早めに帰るのも一つの手です。

10月~3月くらい

秋~冬にかけるこの時期は風俗業界で最も暇と言われています。

10月などは夏にお金を使いすぎたせいで風俗遊びを控えたり、年末に向けて仕事が忙しくなるため結果としてお客が来なくなります。

そして、2,3月などは寒くて外に出たくなかったりボーナスも使い切ってしまった人が多いため暇になってしまうのです。

この時期は固定客がいない限り稼ぎにくい時期だと思いますので、新人期間中に何人か確保しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は風俗で稼げる日時や混む時間、繁忙期などについてご紹介しました。

当てずっぽうにシフトを入れるより、稼げる可能性が高い日にシフトを入れておくと比較的スムーズに稼げます。

また常連客も確保できるので一石二鳥ですね。

お店によって稼げる日もやや違ってくるので、面接などであらかじめ聞いておきましょう。