デリヘル風俗で働く際、パネル写真は必要?「サムネイル」

デリヘル風俗で働く際、パネル写真は必要?

風俗でのパネル写真の役割は、風俗嬢の魅力を第一印象でお客さんに伝えることです。

お客さんは風俗嬢なら誰でもよくて風俗を利用するわけではありません。

少しでも自分の好みである女性や綺麗で可愛い女性にサービスしてほしいもの。

そこで必要となってくるのがパネル写真です。

パネル写真があれば風俗嬢のイメージがお客さんに伝わり、そしてお客さんも好きな風俗嬢を選ぶことができます。

さらにパネル写真がいいと新規のお客さんの指名率のアップにつながります。

風俗で働くなら稼げるだけ稼ぎたい、女性みんなその思いは同じだと思います。

だからこそパネル写真がどれほど効果があるのか、その重要性についてお伝えしたいと考えています。

デブ専門のデリヘルで働きたいと考えている女性にぜひご覧いただきたい情報です。

パネル写真とは?

パネル写真とは風俗嬢を指名してサービスを受けたいお客さんが風俗嬢を選ぶときに見ることができる写真です。

そのためネットから予約するお客さんのためにホームページに載ったり、来店したお客さんが見るために店頭の案内に使われたりします。

パネル写真で顔がバレる?

パネル写真で顔がバレることはあります。

しかしそれは顔を前面に出した場合と言えるから心配ないよ。

「風俗で働きたいけどバレたくない」

そんな女性は多いから、パネル写真にもそのための対策があるから安心して。

例えば写真にぼかしを入れてもらったり、撮影の時に手で口元を隠したり、顔を写さないように撮ってもらうことができちゃう。

顔がばれるのが嫌な女性は、あらかじめスタッフさんに相談しておこう。

そうすればちゃんと女性の要望に応えてパネル写真を製作してくれます。

パネル写真の重要性

パネル写真の重要性については知っておいて損はありません。

なぜってお給料に関わるからです。

分かりやすい様にまずはパネル写真がある女性とない女性の場合、お客さんはどちらを指名するかを説明します。

男性客のみなさんは風俗を利用する時に高いお金をお店に出しています。

満足のいくサービスを受けたいのは当たり前です。

そのためにも風俗嬢選びは大切。

なのでパネル写真を見て女性を選ぶ時に、パネル写真がない顔の分からない女性は対象から外れてしまうことが多いのです。

次に顔出しNGの場合で考えてみましょう。

顔出しNGのパネル写真と全身が写った写真を見て、お客さんはどちらを選ぶでしょうか。

確率が高いのはやはり全身が写ったパネル写真。

どんな顔かわからない女性より、例え好みではなくても顔が分かった女性を選びます。

顔ってそのくらい大切なんですよね。

以上のことから分かるように、パネル写真で仕事の量が決まるといっても過言ではありません。

お金を稼ぐためにはパネル写真がとても重要となるのです。

パネル写真撮影について

パネル写真の撮影はこれが意外に本格的。

それくらいパネル写真が大切なことが分かります。

流れとしては、プロのメイクやヘアセットを受けてからプロのカメラマンにスタジオやセットで写真撮影してもらいます。

そして画像編集されてからホームページに載せられます。

お店によってはスタッフが写真撮影や画像編集していたり、女性自身がメイクやヘアセットをしなければならないこともあります。

衣装は自前やお店が用意したものなどお店により様々です。

普段着から下着、コスチュームなど何カットか撮影します。

撮影でキレイに撮られるには

撮影でキレイに撮られるポイントは以下の通り。

  • 背筋を伸ばし姿勢を正しくする
  • 表情は柔らかくして無理に作らない
  • カメラマンの指示に素直に従う
  • 恥ずかしがらずに風俗嬢になりきる

これらのことを意識してみて!

緊張するかもしれませんがリラックスして挑むことが大切。

男性客に向かっての写真であることを意識してみてください。

分からないときはカメラマンさんの指示通りにいきましょう。

優しく教えてくれるので大丈夫ですよ。

『立ちポーズ』の基本的な注意点

立ちポーズは全身が写るので最大のアピール写真。

注意点は以下の通り。

  • 肩甲骨をくっつけるようにして胸を少し張り姿勢正しくする
  • 色っぽさやセクシーさを出すポーズを意識する
  • 上半身を左右どちらかにねじり曲線を作る
  • バストを強調して立体感を出す
  • ヒールの高い靴を履き脚を長く見せる

『座りポーズ』の注意点

座りポーズは女の子らしさをアピールするにはもってこい。

以下の点に気を付けて。

  • 肩甲骨をくっつけるようにして胸を張り背筋をちゃんと伸ばす
  • 腹筋に力を入れる
  • べたっと座るのではなく足をピンと伸ばし足先まで女性らしさを意識する
  • 斜め上から撮ってもらいバストを手で支えたりしてバストをアピールする

『ヒザ立ち』の注意点

ヒザ立ちはカメラマンからの指示も多いポーズです。

以下の点に注意すれば女性らしく綺麗なポージングができるよ。

  • 足は肩幅くらい開く
  • 胸を張りお尻を突き出す様にして体のラインをアピールする
  • 左右どちらかに体重をかけ立体感を出す
  • 手は顔に当てたり胸に添えたり腰に当てる

いろいろ試して撮れた写真をチェックしてみてね!

女性らしさを常に意識してお客さんからの指名をいただけるパネル写真を撮りましょう。