デブ専デリヘルのバイトで大変なところ・きついところとは?「サムネイル」

デブ専デリヘルのバイトで大変なところ・きついところとは?

デブ専デリヘルでバイトしたい女性に、この仕事の良い所だけではなく大変なところやきついところについて知っていただきたいと考えています。

なぜなら何が大変で何がきついのかを知らずに働くと「聞いてなかった」「こんなはずじゃなかった」など後悔する可能性があるからです。

さらにどんな所がデブ専の仕事できついのかを知っておくことで、いざ大変なお客様やきつい場面に出くわしても冷静な判断や対処ができるため、結果それが良いサービスに繋がると考えています。

というわけで、現役デブ専デリヘル嬢の私がこのバイトで大変な所やその対処法などについてまとめたので、これからデブ専バイトがしたいと思っている女性または既に働いている女性のお役に立てていただけたら幸いです。

デブ専風俗のお仕事で大変な事とは?

デブ専風俗を利用するお客様の年齢というのは本当にさまざまで下は18歳から上は60〜70代とかなり幅が広いです。

1日の仕事の中でも最初は若いノリのいい10代のお兄ちゃん、次に50代の紳士的なお客様、さらに30代の大人しいサラリーマンが来たりします。

サービスする相手の年齢のアップダウンが激しいと自分の中でのリズムが崩れやすく上手に対応できるようになるまではバイトがきついと感じることがあります。

お客様の性格はもちろんのこと、年齢によっても会話の内容や接し方に年相応の対応が必要となります。

年代別の大変なところ・きついところとは?

全てのお客さんに当てはまるとは限りませんが年代によって体力的・精神的に大変なところやきついところは似ていますので大雑把にまとめてみました。

10~20代前半

  • 本番ができると思っている人が多い
  • 若いのでペニスが固くてフェラチオで疲れる

20代後半~30代

  • 本番を誘ってくる
  • プライベートで遊ぼうと言って来る
  • 本気で好意をぶつけてくる人が多い

40代~50代

  • 個人的にお金をあげるからと店外に誘われることがある
  • 加齢臭がきつい人がいる
  • 風俗慣れしているのか本番の誘い方が悪質な人が多い
  • イクのに時間がかかる時がある

60代~70代

  • 自分のおじいちゃんを思い出して変な気分になる
  • 風俗で働く人生に対して説教してくる人がいる
  • イクのに時間がかかる

楽しんでサービスする姿勢が大事

年齢別に色々と大変な所はありますが、お客様に満足していただくことだけを考えてサービスしましょう。そうしていると年齢の幅すら楽しむことができるようになります。

実際に日常生活でここまで色々な世代の男性と1対1で触れ合える機会なんてなかなかありません、逆手に取れば意外にここが風俗の仕事で面白いポイントですよ。

不潔なお客様がいる

デブ専デリヘルを含む風俗ではたまに不潔なお客様がいます。こうしたお客様には自覚のないケースが多く風俗嬢は指摘するわけにもいかず笑顔で接しなければいけないので大変です。

どんな不潔なお客様がいるの?

  • 口臭・体臭がきつい
  • ちんかすがすごい
  • 爪が伸びていてしかも汚い
  • 無精髭がすごい
  • 髪がベトベトしている

口臭・体臭がきつい人に対してはシャワーを長めにしたり、うがいをしっかりしてもらえるようにうまく導きます。

たまにですがちんかすがすごい溜まった人がいます。石鹸でしっかり洗い、シャワーで綺麗に流しましょう。でないとフェラの時に自分が痛い目にあいます。

においも残りやすいのでよく洗いましょう。フェラの時にウェっとなると気まずいし、お客様もテンションが下がってしまいます。「お客様のせいなんです」と言いたいところをぐっと我慢して、そうならないためにできることを実行します。

爪が長いお客様に膣に指を入れられると膣内が傷ついてしまう恐れがあります。甘えた声で「爪ちょっと長いので今日は中はダメ~!だけどそのかわり綺麗にしてきてくれたら、いっぱい気持ちよくしてほしいな」など、うまく断りましょう。

このように我慢が必要な時もあります。大変だしきついけど、その時間さえ乗り越えたら終わることだと割り切ることも大切です。

シャワーを浴びたがらないお客さんの対処法

シャワーを浴びたがらないお客様に遭遇した場合は、うまくのせてきちんとシャワーを浴びさせるように誘導します。

「家で浴びてきた」「めんどう」そんなお客様の言葉を鵜呑みにしないように気をつけてくださいね!

お客様が遅漏だと

お客様がなかなかイカない時は大変です。最後までイカない時はきついです。

  • 体力を使い果たす
  • お客様に満足してもらえない
  • 精神的に追い詰められる
  • 自分のテクニックに自信がなくなる

自覚のあるお客様は中には「大丈夫だよ、こっちこそ頑張ってくれたのにごめんね」なんて優しい方もいます。

しかしやはりお金を払ってサービスを受けているので不機嫌になる人もいます。

どちらにしろこの場合はこちらから素直に謝ることが大切です。イクのが遅い人は手も口もとても疲れます。

次のお客様までに自分なりの息抜きをすると少し楽になります。スタッフには「トイレに行きたいから5分待ってください」とか理由をつけて連絡はきちんとしましょう。

お客様が酔っ払っている

風俗は飲酒したお客様も利用します。ほろ酔いくらいなら可愛いですが、結構お酒が入っているお客様へのサービスは大変です。酔っ払っているお客様の大変・きついところは以下の通りです。

  • なかなか勃起しない、あるいはなかなか射精しない
  • アルコール臭い
  • 酒癖が悪い人がいる

お酒が入っていると下半身に悲しい影響が出る人がいます。

女性はこれに体力を奪われやすいのです。アルコールが苦手な女性には臭いは特にきついかも。酒癖が悪いまたは泥酔レベルの場合、あらかじめスタッフが判断して利用を断るので安心してくださいね。

しかしまれに分からずに女の子に通してしまう場合もあります。自身で対応できないと感じたら、すぐにスタッフに連絡して事情を相談し判断を仰ぎましょう。

風俗は体力勝負!体力がないと結構辛い

風俗って楽して稼げるみたいに言われますが実はとても体力仕事です。

特にソープなんかは本番、マットプレイ、細かいサービスなどお給料が良い分内容はハードです。

デブ専デリヘルの場合はフェラチオ、手コキ、素股らへんが体力を使います。フェラチオにおいてはうまく力を分散しないでずっとしていると顎が外れそうになります。

手コキ風俗も体制によっては腕がしびれそうになったり、素股は腹筋・腰らへんをフルに使います。最初は特に大変だしきついと感じるかもしれませんが、慣れてくるうちに体力もついてくるし、うまく力加減が調整できるようになるので大丈夫です。

運動不足であれば、ちょっと体力つけるくらいの運動を生活に取り入れてみるのもおすすめです。

自分の体力はどんどんなくなっても新しいお客様は常に元気な状態でやってきます。そのためには体力・気力が必要であることは理解しておきましょう。

業種によって体力をあまり使わないこともある

風俗の業種によってはあまり体力を使わないこともあります。

例えばオナクラことオナニークラブです。女の子へのタッチはNGで、お客様のオナニーを見るだけの仕事です。

あとはセクキャバ、いわゆるおっぱいパブです。

お客様に体を触られますが、女性からの性的サービスはないため体力はそこまで使わないです。

でも基本どれも仕事ですから最低限の体力は使います。体力仕事が多い業種はそれに合わせてお給料も高いと言えます。

風俗バイトに慣れるためのポイント

  • 女性はお客さんの年齢に振り回されるのではなく、女性が自分のサービススタイルに芯を持つこと
  • お客様が女性に何を求めているか考え、それに応じること(もちろん嫌なことやNG行為は応じなくてOK)
  • お客様に喜んでもらいたいという姿勢でサービスに取り組む
  • 楽しい時間にするためにできることをする