風俗嬢とAV女優、どちらが稼げる?メリットやデメリットは?「サムネイル」

風俗嬢とAV女優、どちらが稼げる?メリットやデメリットは?

お金がないとき、今月厳しい時、あなたはいつもどうしていますか?

消費者金融からお金を借りたり、副業をして稼いだり、最悪次の給料日まで我慢して過ごしていませんか?

お金がない生活って何だか嫌ですよね。

旅行にもいけない、好きなグッズも買えない、コスメや美容院にもいけない...。

女性は男性よりもお金がかかるので、少ない給料でやりくりするのは大変かと思います。

最近ではバイト感覚で風俗嬢をやる女性が増えてきました。

短時間で高収入を得ることが出来ますし、きちんとしたところならそれなりの対応を受けることが出来るので、密かに人気の職業になりつつあります。

しかし、実は風俗嬢よりも稼げるアルバイトって知っていましたか?

拘束時間も少なく、不特定多数の男性とする必要がないAV女優も密かに人気を集めています。

では風俗嬢とAV女優はどちらが稼げるのでしょうか。

詳しくご紹介していきたいと思います。

風俗嬢とAV女優の仕事内容の違い

「風俗やAV業界で仕事をしようと思っているけれど、仕事内容ってどんな感じなんだろう?」

「騙されたりしないかな?身バレはあるの?」

そんな不安でいっぱいの人は多いかと思います。

ここでは風俗嬢とAV女優のそれぞれの仕事内容をご紹介していきたいと思います。

風俗嬢は基本的に本番なし(ソープランドは除く)

風俗嬢は手コキやフェラ、素股などでお客様を気持ちよくしてあげ、最終的には射精をさせますが、射精出来なくてもOKです。

お客様によってはなかなかイケなかったり、緊張して勃たない...といった人もいるので、そういった場合はお話をするなどして臨機応変に対応していきましょう。

時間によってもらえる報酬も変動していき、日給も日によって変動しやすいです。

キャバクラほど指名にこだわっておらず、店内でも他の女性と関わることがないため、マイペースに働くことが出来ます。

ただ長く働くなら指名をもらったほうが圧倒的に稼ぎやすいので、ある程度の接客スキルなどを学んでいく必要があります。

AV女優は基本的に本番あり

最初の頃は撮影だけですが、売れっ子になっていくと握手会やグラビア撮影、テレビ出演などもしていく必要があります。

AV女優はランクが決まっており、それに応じて報酬も変動していきます。

企画女優→企画単体女優(キカタン)→単体女優となっています。

企画女優の場合はギャラが安く、副業でやっている女性が多いのが現状です。

企画単体女優の場合は実力さえあれば稼ぐことが可能です。

単体女優の場合は、撮影だけではなくグラビア、握手会、サイン会など仕事が多伎に渡るため、多く稼ぐことができます。

ただ、そこまで成り上がるためにはNGプレイを少なくし、より多くのAV作品に出る必要があります。

AV業界のギャラも徐々に下がりつつあるので、一概に稼げるとは言いにくいのが現状です。

風俗嬢をやるメリット

まずは風俗嬢のメリットからご紹介します。

身バレしにくい

まず、風俗嬢は基本的に身バレしにくいです。

アリバイ会社を利用したり、モニターでお客様の判別をする、知人が寄り付かなさそうなエリアで働くなど徹底しておけばまず身バレはしません。

パネルもモザイク加工されており、自分からバラさない限りバレる心配性はないので安心してください。

保証給がある

風俗嬢は日によって給料に変動があります。

お客様がたくさん来る日もあれば、全く来ない日もあります。

せっかく出勤したのにお給料0円なんて悲しいですよね。

多くのお店はそういったリスクを考慮して保証給を設けてくれています。

6時間~8時間待機していれば保証給がもらえるというメリットがありますので、お客様が来なくて無給で帰る必要はありません。

店によって保証給の条件は変わってくるので、あらかじめスタッフや店長に確認しておくといいでしょう。

きちんと頑張れば稼げる

風俗嬢は仕事を真面目にやって、指名を取っていけば会社員以上の給料を稼ぐことが出来ます。

当欠や無欠などをしなければお店からの信頼も厚くなり、うまく指名してもらうよう立ち回ってくれることもあります。

風俗だからといって適当にやっているとそのうち稼げなくなるので注意してください。

寮付き、アリバイ会社付きなど待遇が多い

風俗嬢をやるメリットで代表的なのが、待遇の良さです。

個室待機、寮完備、アリバイ会社あり、保証給あり、性病検査あり、託児所完備などかなり待遇が良く、働きやすいのが特徴的です。

性病検査の場合はほとんど提携のクリニックでやるので、比較的安く済ませることが出来ます。

ただ店によっては条件が設けられていることが多いので、求人情報を鵜呑みにせず、面接に行って確かめてくるようにしましょう。

風俗嬢をやるデメリット

では、風俗嬢をやるデメリットとは一体何なのでしょうか。

詳しくご紹介していきたいと思います。

性病になりやすい

毎日不特定多数の男性に性的サービスをするので、必然的になってしまいます。

性病検査自体も2ヶ月に1回ほどなので、これはもう風俗嬢をやる上で仕方のないことだと諦めましょう。

クラミジアや淋病などは比較的治りやすいですが、梅毒やHIVなどはかなりヤバいです。

お客様から移されることもあるので、きちんと殺菌をし、もしお客様が痛がった場合は性病の可能性が高いので即プレイを中断しましょう。

店側からもお客様の方に性病があると判断した場合、プレイを中断してもいいと言っているところが多いので、そのまま続行しないようにしましょう。

ある程度指名が取れないと稼げなくなる

風俗嬢はキャバ嬢と比べてそこまで指名にこだわってはいませんが、やはりある程度働いてくると指名がないときつくなります。

指名が取れなくなると稼げなくなってしまうというデメリットがあるので、きちんとリピーターを得るよう努力しておくといいでしょう。

AV女優をやるメリット

では、AV女優をやるメリットとは一体何なのでしょうか。

詳しくご紹介していきたいと思います。

拘束時間が少なく、短時間で稼げる

まず、AV女優は風俗と比べて拘束時間が少ないのが特徴的です。

風俗の場合は6時間ぐらい拘束されますが、写真撮影などの場合は1時間~2時間ほどで終わるところもあります。

ただ時間によって報酬が左右されるので、面接に行った際に何時間くらいが目安なのか聞いてみると良いでしょう。

不特定多数とやらなくて済む

基本的にAVの撮影は男優だけになります。

1回の撮影につき1人ほどなので、体にもそこまで負担がなく、自分のペースで働くことができます。

ただ輪姦ものや3Pなどは必然的に男優と絡むことになります。

希望を伝えればある程度対応してくれますので、プロダクションの方に相談しておきましょう。

風俗に転職したとき有利

AV女優で稼げなくなっても、風俗では稼げた...という人は結構います。

高級店の場合は元AV女優やタレントなどが働いているため、AV女優という肩書があれば風俗に転職したときに有利になります。

もしAV女優で稼げなくなったら、風俗に転職してみるのもいいかもしれません。

AV女優をやるデメリット

では、AV女優をやるデメリットとは一体何なのでしょうか。

詳しくご紹介していきたいと思います。

身バレしやすい

まず、風俗嬢と比べて身バレしやすいところです。

顔出しでパッケージに写っていたりすると、確実に知人にバレやすくなります。

希望を伝えればモザイク加工などをしてくれますが、それでもかなりの確実でバレやすくなるので、絶対にバレたくない人にはおすすめできない職業です。

データがネット上に出回るリスクがある

今の時代、AVはネットに出回るのが当たり前になっています。

キャプチャなどを取られてネット上に拡散されたら、もう二度と消すことはできません。

無修正動画なども出回る危険性があるので、そういったリスクを考慮して働く必要があります。

売れなくなると稼げなくなってくる

AV女優も、風俗嬢と同じく仕事が舞い込んでこなければ稼げなくなってしまいます。

特に企画女優の場合、NGプレイの解禁をしなければ仕事が来なくなってしまうことだってあります。

売れなくなると稼げなくなり、そのまま業界から消えていく女優は何人もいるため、そうならないためにも対策を取る必要があります。

まとめ

今回は風俗嬢とAV女優のメリットやデメリットについてご紹介しました。

ある程度のリスクはありますが、それを考慮した上で働けば会社員以上に稼ぐことも可能です。

では、結果的にどちらが稼げるのでしょうか。

個人的には自分の目的にあった職業の方が稼げるかと思います。

絶対に身バレをしたくないけど、お金がほしいなら風俗嬢。

身バレしてもいいし、短時間で高収入がほしいならAV女優。

どちらも売れるために努力は必要になりますが、売れてくればその分多くの報酬を得るのはどちらも同じです。

ただ稼ぎだけの部分でいうと一撃当たった時の報酬の多さではAVには勝てません、ただしそれだけ稼げるのは本当に狭き門です。

それに比べると風俗嬢は頑張れば、誰でもある程度の高収入は得る事ができる仕事と言えるでしょう。