10年間風俗業界で働いた元嬢の風俗嬢体験談「サムネイル」

10年間風俗業界で働いた元嬢の風俗嬢体験談

あなたは、風俗業界で働くことに興味がありますか?

少なくとも多少の興味があるからこそ、これを読もうとしてくださっているのかと思います。

しかし、全くの未経験で風俗業界に飛び込むのは、とても勇気のいることです。

私も最初は、とても不安でした。

そんな時に経験者の話を聞く機会があり、不安が一気に無くなったのを今でも覚えています。

今回は、過去の私のような不安をお持ちの方必見の内容です。

風俗業界に約10年在籍していた私が、風俗業界の知りたいことをお教えします。

私が、風俗で働くようになったきっかけから、風俗嬢になるメリット、デメリットまで経験者だからこそ話せること全てを嘘偽りなく語りたいと思います。

これを読んで、改めて風俗業界で働くか否か検討してみてください。

風俗業界で働くことになったきっかけ

風俗で働くことになったきっかけや理由は、風俗嬢が100人いれば100通りあると思います。

しかし、なかなかそんな話を聞く機会なんてないですよね。

まず最初にお話しするのは、私が風俗で働くことになったきっかけと理由をお話します。

元々は小悪魔agehaに憧れキャバ嬢志望だった

私は、学校を卒業してすぐに事務員として就職しました。しかし以前からネオン街に興味があり、地元にも有名な歓楽街がありました。

その時は、ちょうど小悪魔agehaという雑誌が流行っていた時代。

私は、どうしてもキャバ嬢として働いてみたいと思い、勇気を出してネオン街へ足を踏み入れたのです。

昼職業とキャバの両立は難しかった

しかし、いざ始めてみると事務員とキャバ嬢の両立はなかなか厳しいものがあり、長くは続きませんでした。

しばらくは、また昼職一本で頑張っていたのですが、やはりネオン街に憧れる気持ちが強く再度キャバ嬢に戻ることを検討していました。

するとちょうど、キャバ嬢時代の先輩が風俗に移ったという話を聞きました。

これが、私が初めて風俗に興味を持ったきっかけです。

キャバ時代の先輩の影響で風俗へ

風俗業界に興味を持った私は、先輩に話を聞いたり、自分で調べたりしました。

ネットの中には怖いことも書いてありましたが、先輩にお店を紹介してもらい、尚且つ面接時も付き添ってもらうという万全の態勢で面接に挑んだのです。

先輩の紹介ということもあり、面接はすんなり合格したのですが、ビビリの私は体験入店をしてから本当に働くかを決めることにしました。

いざお仕事をしてみると、思っていたことと違った部分ももちろんありましたが、何よりも「貰えるお給料の額」に驚いたのです。

そして、昼職を理解してくれた上での「完全自由出勤」という待遇に心惹かれ、私は風俗で働く決心をしました。

風俗で働くメリット

風俗で働くということは悪いことなのでしょうか?

いいえ、そんなことばかりではありません。良いことだってたくさんあります。

それでは次に、風俗で働くメリットを紹介していきたいと思います。

お給料が高額

風俗で働く最大のメリットは、なんといっても高額のお給料でしょう。

基本、1日あたりのお給料は3万円以上です。

ということは、OLさんの1ヶ月のお給料を1週間程度で稼ぐことが可能です。

お金を稼ぎたいという方には、間違いないお仕事だと思います。

時間に融通が利く

一部例外のお店もありますが、風俗の出勤日数や時間は、自分の思い通りに決める事が可能となっています。

  • 「この日は予定があるから2時間だけ。」
  • 「今日は暇になっちゃったから、急遽出勤します。」

なんていうワガママ出勤も、すんなり通ってしまいます。

そして、遅刻や欠勤に関しても、昼職程うるさく言われることはありません。

髪型服装などが自由

こちらも一部例外のお店もありますが、基本的にはオシャレを自由に楽しめます。

髪色、ネイル、ピアス、タトゥー、全て自由に楽しめるのは特に若い女の子にとって、とても嬉しいことです。

昼職で、ここまで自由にオシャレを楽しめることは、まず無いのではないでしょうか。

有名になることもできる

風俗業界で有名になることは、実は簡単だったりします。

みんな、やっているようでやっていないのが「写メ日記」です。

この写メ日記を駆使すれば、有名になることも容易いといえます。

私自身がそうだったのですが、人よりちょっと写メ日記を頑張っただけで、すぐランキングに載ることができました。

そして、私のように運が良ければ雑誌やネットのグラビアに声をかけていただけることもあります。

有名になりたい子は、写メ日記を頑張ってみてください。

色々な人と出会えて世界が広がる

風俗に来るお客さんには、様々な人たちがいます。

もちろん中には富裕層と呼ばれる方達もいらっしゃいます。

そういう人たちに気に入られれば、様々なプレゼントを貰えることもざらにあるのはもちろんですが、それよりも自分には全く縁の無いような方々に出会え色々なお話を聞くこともできます。

「出会いは財産」といいますが、この仕事をしていて色々な業界の人たちと関わることができて、世界が広がったのは私の財産です。

風俗で働くデメリット

メリットがあれば、もちろんデメリットもあります。

それでは、次に風俗で働くデメリットをお話していきます。

こちらは、メリットよりもしっかり読んでいただきたいです。

金銭感覚が狂う

風俗は、高額のお給料を日払いで貰うことができます。

なので、余程意思が強くなければ「今日、使いすぎちゃった...。でも、明日働けばいいよね。」という感覚に陥ってしまいます。

私のように意思が弱い人間は、金銭感覚が本当におかしくなります。

そして、一度上げてしまった生活水準を戻すのは、とても難しいことです。

これを理由に風俗に出戻る子が後を絶ちません。

自由さへの依存が抜けない

長年風俗業界に身を置いていると、メリット編で話した自由さに慣れてしまいます。

なので、この感覚のまま昼職に就いたとしても不自由さがストレスになってしまい、結果的にどうなるか...。

そうです、短い期間で退職してしまうんですね。

そして、風俗にまた出戻ってしまうというサイクルが出来上がってしまうのです。

金銭感覚と同じで、一度味わってしまった自由という楽さを手放すのは、なかなか難しいことといえます。

身体の負担が大きい

「慣れてしまえば大丈夫」と思っても、やはり立て続けにお客さんが続いたりしてしまうと疲れはでてきてしまいます。

そして、衛生面がちゃんとしていないお店であれば、性病の恐れもあります。

そして何よりも、精神面の負担が大きいかもしれません。

何事にもタフな子ならば大丈夫でしょうが、ちょっと気が弱い子であれば、精神的に不安定になる子もでてきてしまいます。

そういう不安のある子は、精神病になる前にスタッフなどに相談しましょうね。

これから、風俗で働こうと思っている子たちへ

今回は、私の体験談を交えて風俗業界の詳しい話をしました。

ちょっと怖い事も書いてしまいましたが、風俗業界は皆さんが思っているほど怖い業界ではありません。

それは、自信を持って断言できます。

だって、私のような普通の昼職をしていた人間が、10年以上も在籍できたんですから。

昼職も同じことがいえますが、楽しくなければ長く在籍なんてできません。

風俗のお仕事をしてみようかなと思っている皆さん。

少しでもやってみたいなという気持ちがあるのなら、ぜひ勇気を出して飛び込んでみることをお勧めします。きっと、新しい世界が広がります。