風俗を辞めたい!簡単に辞められるの?言い訳はどうしたらいい?「サムネイル」

風俗を辞めたい!簡単に辞められるの?言い訳はどうしたらいい?

様々な理由で風俗業界で働いている風俗嬢、でもいつかは風俗を引退する日が来ますよね?

円満に辞めるられるならそれが一番ですが、いきなり辞めます!とは宣言しにくい部分もありますよね...でも!お店に入店する事も、辞める事も風俗嬢の立派な権利です!

そこで今回は、すっぱりと後腐れなくお店を辞める方法や、理由、私が実際に辞めた時の話など、実体験を元に「お店を辞める時のあれこれ」を、色々とお話をして行こうと思います!

お店を辞めたい時に使える言い訳

お店を辞めたい...そう思う理由は様々あると思います。

  • もう疲れた
  • 昼の仕事を探したい
  • お店を変わりたい

風俗は俗に言うアングラな職種ですから、入店も退店も自分の都合で決める事が出来ます。

多くのお店では、「辞めます」と言えばOKなのですが、一応理由も付けた方がもっともらしいと思われるかな、と考える女の子も多いと思います。

そんな時に使える理由を何点かご紹介します。

昼間の仕事が見つかった

こちらはオーソドックスな理由ですね。風俗は表に出せない仕事ですから、いつかは一般職に就くのは自然な流れです。

とりあえずの言い訳として使いたい場合は、接客業など表立った仕事よりは、裏方や内勤の仕事に就く事になった、フルタイムなので、掛け持ちは難しいので辞める、などと言う方が後々ばれにくいでしょう。

体調不良、精神的にしんどくなった

これももっともらしい理由であり、実際によくあった退店理由でもあります。

しんどいから辞めると言うと、何だか気が引ける人もいるかもしれませんが、風俗の特性上こう言った理由も全く問題ないです。

同じく体調不良も使える文句ですが、病気だと目に見える分突っ込まれた時にぼろが出ても困りますから、もっともらしい体調不良の理由を考えておいた方が良いです。

親や彼氏にばれた

これは理由の中では一番ではないでしょうか、風俗での身バレはかなりリスクの高い出来事です。これを言ってしまえば、もう誰も何も言えないでしょう。

入店の時点で予防線を張っておく事も

これはこれから入店や移籍を考えている人限定にはなりますが

  • 「目標金額が溜まったら辞めるつもりです」
  • 「持病があり、それが酷くなったら急に辞めるかもしれません」

急に辞めるかもしれないよ。と言うフラグを立てておく事も後々辞める時に、有効な手段になるでしょう。これから入店や移籍を考えている人には参考にして頂きたいポイントです。

無断で辞める位なら、嘘でもいいから理由を伝えよう!

辞めたいと言ったら、引き止められたり、揉めたりするのでは?と不安になって、無断で店に出勤しなくなる行為の事を「飛ぶ」と言います。

飛ぶ行為自体は、風俗業などの夜のお仕事では結構多いので、お店の人もさほと驚く事は無いとは思いますが、後々の事を考えると飛ぶ事はあまりお勧めしません。

上に書いた様な理由をお店の人に伝えれば、すんなり納得してくれる事の方が多いですから、きちんと伝えて辞める事をお勧めします。

無断で飛ぶ事のデメリットとは

何だか面倒だし、まあ良いか!とお店を飛ぶことを考えているあなた、ちょっと待ってください!

無断で店を辞めてしまうと、完全に辞めた状態では無いので、インターネットなどにプロフィール画像がいつまでも残ってしまう事があります。

飛んでしまうと「画像を消して下さい」と言う連絡もしにくいですし、かといって辞めたお店に画像がずっと残るのも知り合いに見られる可能性だってありますし、気分の良い話ではありませんよね?

そして、もし同じ地域の他の店でまた働きたい!と考えた時に、自分では意識しなくても、二重在籍の状態なってしまい、お店同士が揉めてしまう事も考えられます。

そんなトラブルを防ぐ意味でも、辞める時には一言伝えておく事をお勧めします。

直接は言うのは苦手...そんな時に使える方法

面と向かって言うのが苦手と言う場合は、携帯のメールやLINEなどを使うのも手です。

流石に昼間の一般企業ではNGでしょうが 笑 これも風俗業界では問題ありませんし、多く使われる手段です。

私も昔、若い子メインのお店から、人妻店に移籍する際に、オーナーとタイミングが合わずなかなか会う事が出来なかったので、メールでその旨を伝えた事がありますが、問題なく移籍する事が出来ましたよ。

風俗は基本的にはいつでも辞められる

昼間の職業と違い、風俗業はその特性から、基本的には入店、退店のタイミングが自分で好きに決められます。

1番良いのは辞める2週間~1ヶ月程前に「〇月✕日で辞めようと思います」と伝える事ですが、上に書いた様な身バレなどの事情によって、急な退店をせざるを得ない事も有り得る業種ですので、急に辞める事になってもさほど問題にはなりません。

辞める時に揉めてしまうパターン

比較的すんなりと辞める事が出来る風俗ですが、時として揉めてしまう事もあります。

金銭問題

1番大きな理由は「金銭問題」です。

金の切れ目は縁の切れ目、とも言いますが、風俗業でもお金の貸し借りをしたまま行方不明になってしまい、大騒ぎになる事を、実際にこの目で何度も見てきました。

女の子だけではなく、スタッフが逃げたり、なんと店長がお金を持ったまま逃げたりした事もありますし、本当にお金は人を狂わす物だと、しみじみ感じた事をよく覚えています。

水商売では、お金の貸し借りは出来るだけしない事、また事情がありお店からお金を借りた場合は、辞めるまでに返済の目処を付ける等、金銭のわだかまりは残さない様に気をつけましょう。

嘘を付いて他店に移籍する

「身バレして引退したいんです」などと言って、すぐに他店に移動してしまうのは、元々いた店のスタッフからすると「え?!?」となってしまうでしょう。

特に近隣の地域だと、お店同士の横の繋がりも少なかれある事が多いので、同じ様な行動を繰り返すと「勝手な行動を取る問題児」のレッテルを貼られてしまい、後々の移籍が難しくなっていく事もあります。

結局どうやって辞めるがベスト?

上記した理由はどれも、辞める理由としては使えますが、1番説得力があるのはやはり「彼氏や身内にバレた」と言う物でしょう。

1番説得力がありますし、これを言われれば、お店の方も引き止める事などの無理強いは出来ません。

ただ上に書いた通り、辞めたい理由が移籍したい!と言う理由の場合は、すぐに他店で働くと、ばれた時の印象が悪いので、下手に嘘をつくよりか「年齢を考えて人妻店に移りたい」「お店のカラーと合っていないと思う」などの理由を説明しておいた方が、やはり無難でしょう。

直接が難しい時は、メールで「〇〇したいと考えているのですが」と言う文面より「〇〇の理由で〇日で退店します」とすっぱりと言いきった方が、すんなりと話が進むはずです。

基本的にキチンと伝えれば問題ない

水商売や風俗は、イメージ的に辞める時に揉めそう、などと不安になる事もあるでしょうが、実際には案外あっさりと辞める事が出来るのがほとんどです。

私が勤めていた店を辞める時に、特に大きく揉める事はありませんでした。

入店や引退を決める事、自分のに合った店を選ぶ事は、風俗嬢の立派な権利ですからね!

何より風俗業は、入れ替わりの激しい業種ですから、オーナーもそれを理解しているので、去るものは追わず、の考えが基本になっているのではと思います。

  • 金銭の貸し借りなどがある場合は退店までにきっちりと精算しておく
  • 退店までに時間がある場合は連絡の取れるお客様にご挨拶しておく

等々風俗とは言えやはり仕事ですから、最後の締めくくりをキチンとしておく事をオススメします。

逃げる様に飛んで辞めるよりかは、見送られて辞める方が、やはり後味も良くなる物ですよ!