風俗で働く場合の身バレ防止対策「サムネイル」

風俗で働く場合の身バレ防止対策

風俗という仕事は色々な不安が付き物ですが、その中でも特に「身バレしないか」という不安を抱えている女性は多いはずです。

なぜかというと、身バレはプライベートにも影響がある重大な問題であるからです。

今回はその不安を解消するために、風俗には身バレ防止の方法があることを知っていただきたいと考えています。身バレ防止の方法を知ることで不安が解消できますし、それを実践することで確かな効果がありますので安心して働くことができるかと思います。

風俗で働く際の様々な身バレ対策

身バレ対策と言っても一つだけをやっておけば良いと言う物ではありません、完璧にする為には色々な対策方法を組み合わせて出来る限り万全の体勢を整えて望むべきです。

それでは一つずつ見て行きましょう。

本名ではなく源氏名で働く

風俗で働く時は本名を使わずに源氏名(偽名)で働きます。

このことは風俗において身バレ防止の基本的な方法と言えます。

ちなみに源氏名は仕事の上で与えられる別名のことです。

源氏名はスタッフが決めたり、スタッフとキャストが相談して決めたりとお店により違います。

また本名が推測できるような源氏名も使わないようにします。

念のためもう一つ源氏名を用意して置く

まれに本名を聞きたがるお客様もいますが、絶対に教えないことが身のためです。

とは言ってもそれだとお客様の気分を害してしまう可能性がありますので、その場合の対処法として本名としてもうひとつ源氏名を決めておくことをおすすめします。

そして「内緒だよ」と言って本名と言う事にしている2つ目の源氏名を教えてあげましょう。

お客様は本名を教えてもらえたと思って親近感が湧いたり、自分が特別な存在である気分になって喜ぶ人が多いです。

風俗嬢としてのプロフィールを作る

お店で使うプロフィールには風俗嬢としての事実とは異なるプロフィールを作りましょう。

嘘をつくというと聞こえが悪いかもしれませんが、身バレ防止のためなら嘘も方便です。

実際に身長・体重・スリーサイズ・年齢はお店のイメージやお客様のニーズに合わせてスタッフが決める場合が多いです。

趣味や特技も風俗嬢である自分に合ったイメージで作ってみるのも身バレ防止には効果的です。

ちなみに年齢は結構変えている女性が多いです。

1歳~3歳くらいまでは許容範囲ですがお客様との会話で設定した年齢とギャップが起きないよう注意してくださいね。

出身地・誕生日・血液型は変える

出身地や誕生日、血液型もありのままではなく、最低でもどれか1つは変えましょう。

出身地なら知識のある場所に設定するのがおすすめです。

あまりにも知識のない場所にすると、お客様に聞かれた時に話がかみ合わなくなる可能性があるからです。

また方言のイントネーションは分かる人には分かってしまうので、自身の方言に似たイントネーションの場所に設定するのも身バレ防止になります。

お客様にはなるべく標準語を使うことを意識して、聞かれたら出身地についてお話するくらいがベターです。

血液型はあまり深く考えずに割合の多いA型やO型にしておけばオッケー。

誕生日は風俗嬢の自分の誕生日を決めておきましょう。

連休明けなどイベントがない暇な時期に設定すると、集客効果を狙えて暇を回避できるという嬉しいメリットもあるのでおすすめです。

服は仕事用を持っておくべき!

プライベートと仕事用の服を分けておくことでいつどこで何があるか分からない身バレのリスクを避けることができます。

お客様と街中でばったり!

なんてめったにないですが、もし仮にそうなった場合でも服装やメイクが違うと意外とバレなれなかったりします。

仕事用の服の選び方

仕事用の服はワンピースやスカートなどの女性らしい服装を心がけるといいでしょう。

普段からそういった服装をしている方は出来るだけ普段と違ったカラーやデザインを選ぶことが身バレ対策としては重要なポイントです。

もし、あまりワンピースやスカートを着ない女性ならさらに身バレ防止に効果があります。

アクセサリーは要注意

意外に見落としがちなのがアクセサリーです。

普段から身に着けているものは仕事中は、おうちに置いていきましょう。

お店のパネル写真や写メ日記などにも載せないように気をつけてください。

証拠が残るアクセサリーなどは身バレという点においてのちのちトラブルを招く可能性があります。

もし既婚者である場合は結婚指輪は絶対に外すのを忘れないこと。

また持ち歩いて無くさないようにすることも家庭のためにとても大事です。

指輪の跡がついているならお客様に対してのうまい言い訳を考えておきましょう。

SNSにも気を付ける

パネル写真を私服で撮る場合は、自身のインスタグラムやツイッターなどのSNSに載せていない服を選びます。

よく着ている服だといくら顔を隠していても、雰囲気で分かってしまう可能性があるからです。

仕事とプライベートは徹底的に区別する!

仕事とプライベートを徹底的に区別すること、これが1番の身バレ防止です。

今はSNSで情報がすぐに伝わってしまう世の中だからこそ特に注意が必要です。

持ち物については服装だけではなくスマホカバーやバックなどお客様の目に触れるものは全て仕事用を持ち、プライベートとは徹底的に区別しましょう。

リアルな生活面の話も厳禁

  • ペットを飼っていてもお客様に言わない(もし言いたいならペットにも源氏名つけちゃいましょう)
  • ダブルワークでも風俗一本だと言う

など、プライベートは一切明かさないことがとても大切です。

風俗の写メ日記とプライベートのSNSは違う内容にする

風俗で写メ日記を書くことは風俗嬢に定番な仕事のひとつです。

そしてプライベートでもSNSを利用している女性は多いですよね。

そうであれば写メ日記とプライベートのSNSで内容がかぶらないよう注意が必要です。

同じ日に同じ場所に行った内容や、同じ写真などは身バレの要因です。

プライベートで遊びに行った場所は写メ日記には載せない、また風俗嬢の友だちとカフェに行った写真をプライベートのSNSに載せないなど、ここでもきっちり区別をしておくことが身バレ防止になります。

お客様にプライベートのSNSアカウントを教えない

どんなに仲良くなっても、お客様に自身のプライベートのSNSアカウントは絶対に教えてはいけません。

一発でどこの誰か特定されてしまいますし、身の周りの人たちの顔も知られてしまいます。

そのこTで本人はもちろん、周りにも迷惑をかけてしまう恐れがあります。

どんなに信用できると思っているお客様でも実際はどう考えているかなんて正直分かりません。

仕事としてSNSを活用したいという場合は仕事専門アカウントを作ってそれで連絡をとりましょう。

それが身のためです。

移動にも細心の注意を心がける

身バレ対策として、お店への出勤時や待機所へ行く時は、なるべく人目のない道を通ったり、サングラスやマスクや深めの帽子をかぶって顔が分からないようにします。

お店の送迎を利用しているなら自宅から離れた場所で待ち合わせするなどの工夫をしましょう。

お客様との待ち合わせや移動の際の注意点と対策

たまにお客様と待ち合わせて移動する場合もあります。

こうした際はお客様に「私、知り合いがこの近くで働いているからバレたら困るの。本当は手をつないで歩きたいくらいなんだけどごめんね、、」など、お客様を不快にさせないようにしながら人目のつかない場所を移動するようにしてもらったり、街中では離れて歩いてもらったりします。

それでも中にはひっついて歩きだがるお客様もいます。

このタイプには「ホテルに入ったらいっぱい、いちゃいちゃしよ?ちょっとだけ私のために我慢してくれる?」などと言い、うまく手綱を取ってしまいましょう。

「バレるのが嫌だから離れて歩いて」などとお客様のテンション下げるような否定的な言い方だけは絶対にしてはいけません。

人の目はどこにあるか本当に分からないので、できる限りのことはしておくことが大切です。