風俗で働くなら性感染症の知識を持っておこう!「サムネイル」

風俗で働くなら性感染症の知識を持っておこう!

風俗というと、あなたはどういうイメージを抱きますか?

「お金がいっぱいもらえそう」「エッチなことをしなければならない」など高収入が狙える分ややマイナスなイメージを抱くかと思います。

しかし、マイナスな意見の中でも特に多いのが「性病にかかりやすい」ということです。

色々な客に性的サービスをしなければならないため、致し方のないことですが通常の女性と比べると風俗嬢は遥かに性病にかかりやすいです。

女性側は性病にかかっても自覚症状はありませんが、知らず知らずのうちに他のお客に移してしまい、余計に性病をもらってしまうこともあるんです。

風俗で働く以上は性病にかかる可能性が高いということを頭に入れておきましょう。

ではそもそも性病とは何なのでしょうか。

一体どれほどあるのでしょうか。

知っていれば損することはありませんし、自分の身も守ることができます。

安心して稼ぎたいなら性病の知識を持って働きましょう。

性感染症ってそもそも何?

そもそも、性感染症とは一体何なのでしょうか。

あまり馴染みのない単語かと思いますので、簡単にご紹介していきたいと思います。

性感染症とは、その名の通り性行為などによって感染する病気のことです。

自覚症状がない場合も多いですが、まれに陰部が強烈に痒くなったり痛むこともあります。

そして自覚症状がないゆえに感染もしやすく、パートナーやお客に移してしまい、被害を拡大してしまう場合もあります。

早期発見をすればすぐに治すことができますので、いつもとなにか違うと思ったら婦人科に行くようにしましょう。

性感染症になる原因とは?

では、性感染症になる原因とは一体なんなのでしょうか。

一般的に挙げられている原因を簡単にご紹介していきたいと思います。

オーラルセックス(口を使った性的サービス)が原因

まずはじめに挙げられるのは、オーラルセックスです。

風俗嬢の場合、本番(挿入)が禁止されているため、フェラやキス・素股やクンニをしますよね。

その時に感染してしまうことが多いのです。

お客が無自覚に病原菌を持っていた場合は、接客をした風俗嬢も移ってしまうため要注意です。

口は菌が繁殖しやすいため、一番性感染症になる部位と言っても過言ではありません。

プレイが終わったらイソジンなどのうがい薬を使い、入念に洗浄しておきましょう。

まれに一緒に使ったタオルから性病になることも

実はオーラルセックス以外でも性感染症になるって知っていましたか?

入念に口の中や体を洗ったとしても、感染者と一緒に使ったタオルや下着への接触などをでも感染してしまうのです。

プレイが終わったあとにお客と一緒にお風呂に入って、一緒のタオルを使ったりしていませんか?

濡れたタオルは雑菌が繁殖しやすいため、性感染症になるリスクも非常に高くなります。

ですので、あまり一緒に使わないようにしましょう。

風俗嬢がよくなる性感染症

ではここからは風俗嬢がよくなる性感染症についてご紹介していきたいと思います。

風俗店で働きたいと思うなら、性感染症の知識を持っておいて損はありません。

万が一なった時にも対処しやすいですし、怯える必要がないからです。

まずはメジャーと言いますかかかりやすい性病として

  • クラミジア
  • 膣トリコモナス症
  • 淋病
  • 性器ヘルペス

から詳しく見ていきましょう

クラミジア

性感染症の中でメジャーな存在と言っても過言ではないクラミジア。

羅患数は最も多いのが特徴的です。

症状はほぼ無自覚ですが、おりものが通常よりも増えたり、稀に不正出血を起こすことがあります。

ほうっておくと不妊症になってしまうので、早めに婦人科にいきましょう。

検査をし、薬を飲めば完治しますので面倒臭がらずに必ず行ってくださいね。

膣トリコモナス症

次に挙げられるのは、腟トリコモナス症です。

症状は陰部のかゆみ、おりものが臭う(腐った魚のような臭い)などです。

クラミジアと比べると症状が分かりやすいため、比較的すぐに対処できます。

こちらも婦人科に行き、薬をもらえば1週間から10日ほどで完治します。

淋病

こちらもメジャーな性感染症の一つです。

症状自体は無自覚なものが多いですが、クラミジアやトリコモナスと比べると再発しやすいのが特徴的です。

故に定期的な検査が必要になってきます。

性器ヘルペス

症状はほぼ無自覚ですが、あくまで個人差があり、症状がある場合にははむず痒さや痛みを感じることもあります。

また疲労時に他の病気(女性の場合は膣カンジダなど)と併発することが多いです。

薬で治しても完治することはなく、再発しやすいため、定期的な検査が必要になってきます。

移されると危険な性感染症

上記は風俗嬢なら誰しもかかるであろう病気ですが、その他にかなり危険な感染症もあるって知っていましたか?

症状が無自覚な場合が多いですが、放っておくと大変なことになります。

ここでは、感染すると危険な性感染症についてご紹介していきます。

梅毒

クラミジアと比べると自覚症状はないですが、外陰部にしこりのようなものができます。

このしこりが現れると、梅毒になった証でもあるため早期治療が必要になってきます。

放って置くと、発疹が全身に出て皮膚や骨などにゴムのような腫瘍ができ、最悪の場合死に至る恐ろしい病気です。

しこりが出来た段階で婦人科に行き、治療をしてもらいましょう。

エイズ

またの名を「後天性免疫不全症候群」。

感染力は通常の性感染症と比べると弱いですが、粘膜や血液から感染してしまうと免疫が弱くなり、様々な病気になりやすいのが特徴的です。

今の所HIVを完全に消失させる治療法は見つかっていませんが、早期発見をすれば抗生剤を使って対処ができます。

症状は多伎にわたり、その中で分かりやすいのが発熱です。

インフルでもないのに39度以上の熱が出た場合、HIVになっている可能性が非常に高いです。

おかしいとおもったら婦人科にいって検査してもらいましょう。

性感染症の予防策

それではここからは性感染症の予防策についてご紹介していきたいと思います。

絶対に性感染症にならないというわけではありませんが、少しでもリスクを減らしたいなら覚えておくべきです。

ゴムの着用

まずはコンドームの着用です。

風俗店によってはコンドームを付けてフェラをしても良い場合があるため、あらかじめ店長に確認しておきましょう。

コンドームは性感染症を予防してくれる有能アイテムなため、つけさせておいても損はありません。

お客にもあらかじめ相談しておくとスムーズにプレイができます。

うがい薬や石鹸の使用

プレイが終わったあとは、うがい薬や石鹸を使用し、体を洗浄しておきましょう。

気休め程度にしかなりませんが、やらないよりはマシです。

陰部の方は洗いすぎると逆に雑菌が繁殖してしまうので、適度に洗いましょう。

定期的に性病検査を行う

まともな風俗店の場合は、月1で性病検査を行うことが多いです。

ここで検査をしておくことで早期発見ができ、対処することができます。

もしなった場合は休みをくれますので、休みの間になおしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は性感染症についてまとめていきました。

風俗嬢になるなら、ある程度性感染症になるリスクを考慮しなければなりません。

できる限りの対策をし、それでも感染してしまった場合はお休みをもらって治療するようにしましょう。

知識を持っていれば慌てふためくこともないので、風俗店で働きたいと思っている方はぜひ今回の記事を参考にしてください。