デリヘル風俗で本番行為が禁止な理由「サムネイル」

デリヘル風俗で本番行為が禁止な理由

ぽっちゃりデブ専デリヘルで働くことを検討している女性は、風俗で本番が禁止されている理由について正しい知識を持ち理解することが重要です。

なぜならぽっちゃりデブ専デリヘルで働く上での大切なルールだからです。

女性自身を守るためにも、本番が禁止されている理由を把握しておくことが必須です。

本番行為が禁止されている理由をきちんと把握しておけば、仮にお客様に本番を言い寄られることがあってもお客様を不快にすることなくうまく対処することができます。

このように本番が禁止されている理由を理解することは、ぽっちゃりデブ専デリヘルで働く際にとても大切なことであることを分かっていただきたいと考えております。

そのことからぽっちゃりデブ専デリヘルにおいて本番が禁止されている理由についてまとめました。

ぽっちゃりデブ専デリヘルで働くことを検討している女性にぜひご覧になっていただきだいと考えております。

法律で禁止されている

風俗店での本番は「売春防止法」という法律で禁止されています。

風俗店は「本番=性交」が行われていないという前提で警察署により営業が認められています。

これがぽっちゃりデブ専デリヘルに及び風俗店で本番が禁止されている1番の理由です。

分かりやすいように言葉を簡単に説明します。

  • 売春→女性が報酬を得るためにパートナー以外の不特定多数の人と性交すること
  • 売春における「性交」、風俗における「本番」→男性器を女性器に挿入する行為

法律で禁止されていると分かっていながら仮に女性が本番をするようなことがあれば、お店に迷惑をかけるし女性も性病のリスクが高まったり無駄な労力を使うため何のメリットもありません。

お店が摘発される

先ほども説明した通り、ぽっちゃりデブ専デリヘルを含む風俗店は、本番行為が行われていないという前提で警察署より営業が認められています。

ですから本番を行っているお店は警察から摘発の対象とされます。

摘発とは「隠されている悪事などを暴き公にすること」です。

つまり常にお店自体が警察の監視下にあるというわけです。

本番を行った女性は処罰の対象ではなく保護・支援の対象となり、処罰の対象は売春をあっせんしたとされる店舗経営者や店舗従業員です。

女性自身の「断るの面倒だしまぁいいか」「指名をとるために本番しよう」などの軽率な気持ちや行為が勤務先のお店に重大な迷惑をかけてしまうことを心得ましょう。 

女の子が勝手に本番をするとOK店に思われる

女性がお客さんに勝手に本番を許した場合、お客さんは次のことを感じます。

  • この店は本番を暗黙しているんだ
  • 他の女性も本番できるかもしれない
  • この店本番できたって他のヤツにも教えてやろう
  • 簡単に本番できていろいろ怖いな、気をつけよう

ここで心得てほしいことは「女性が単独でしたことでもお客さんはお店の評価として受け止める」ということです。

これにより本番が出来るという間違った噂が広まったり、本番を期待して来店するお客さんが増えたりします。

今はネットの掲示板などに評判を書かれてしまえばアッという間に世間に伝わってしまうので「1度ならいいか」は通用しません。

店にも働く女性にも大迷惑なんです。

お客さんが「誰にも言わないから」といっても信じてはいけませんよ。

だいだい本番禁止の店で本番をねだるようなお客さんはたちが悪いです。

痛い目に合うのは本人だけでなく、お店に関わっているみんなが同じなんですよね。

働く上でそのことをしっかりと胸に刻むことが大切です。

悪質店では男性客に脅迫する!?

悪質店では禁止行為を女性に促し男性客を脅迫することがあります。

怖いし関わりたくないですよね。

どういうことか簡単にご説明します。

  • 店から女性に禁止行為である本番を強要する
  • 本番行為をした男性客に女性から聞いたと言い因縁をつける
  • 「禁止行為をしたのだがら罰金を払え、でないと訴える」などと男性客を脅す

デリヘルの本番行為をして男性客が責められる場合、男性側に違法行為があるため恐喝罪・脅迫罪が成立しません。

そこをうまく利用するのです。

悪質ですよね。

その行為に手を貸すような真似はしてはいけません。

事実女性はお金と引き換えに1番大切な体を犠牲にさせられます。

それを簡単に利用するような風俗店は女性の敵です。

本番を一度許すと同客と次からもしなくてはいけなくなる

女性が本番をお客さんに一度許してしまうとお客さんは「この子ならデリヘルの値段で本番ができる」と思います。

そしてまた指名され「この前も本番したからいいよね」と本番をねだられます。

断ろうにも「前したのになんでいけないの?」「できると思ったから来たのに詐欺みたいだ」なんていちゃもんつけられたりします。

もっと質の悪いお客さんなら「お店にいっちゃうよ、それでもいいの?」なんて脅しにかけてきます。

また「噂で本番できるって聞いたよ」なんて来店してくるお客さんまで出てくる可能性は高いです。

このように一度本番を許してしまうことは自殺行為です。

せっかく本番のない風俗で働いているのに本番をするなんて、女性にいいことはひとつもありません。

お客さんがしつこくても「NO」を貫くことが大切です。

性病や妊娠のリスクがある。お店にとっても問題

本番には性病や妊娠のリスクがあります。

ただでさえリスクがあるのに、本番をしてしまえばどんな対策をしていてもそのリスクが一気に高まります。

それは女性本人だけではなく、従業員として女性を雇っているお店にとっても大変問題のある行為です。

なぜならお店の評判に影響してきたり、性病になってしまえば店内で感染し合う恐れも出てくるからです。

また望まない妊娠によって傷つくのは女性であり、店側も経営面から見れば人手を失うし、何より女性をそんな目に合わせるために雇っているわけではありません。