新人風俗嬢さん注目!演技力を付けてお客をメロメロにしよう!「サムネイル」

新人風俗嬢さん注目!演技力を付けてお客をメロメロにしよう!

あなたは接客をしているとき、いつもどうしていますか?

お客様とプレイをしているときに無言になったり、無表情でずっと固まってはいませんか?

ずっと黙って無表情で接客をしていたら、いずれ指名が来なくなり稼げなくなってしまいます。

風俗業はキャバクラより指名にはあまりこだわっていませんが、本気で稼ぎたいと思うならある程度指名を取っておいたほうが楽です。

「そうは言っても、指名を取るためには一体どうすればいいの?」

入りたての風俗嬢さんは必ずそう思うでしょう。

答えは簡単、演技力を身につければ良いのです!

演技力を身に着けておけば、お客様をメロメロにし、簡単に指名を取ることが可能になるからです。

「演技」というとどうしても申し訳なく感じるかもしれませんが、お客様を喜ばすためならある程度の演技力は必要になってきます。

人気風俗嬢だって演技力はありますからね。

具体的な方法を下記でご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

風俗嬢は演技力が必要!?その理由とは?

そもそも、なぜ風俗嬢に演技力が必要なのでしょうか。別に演技なんてしなくてもいいのですが出来た方が何かと自分の為になります。その理由をお教えします

プレイを早めに終わらせることができるから

感じているフリをすれば、お客様も興奮してくれますので通常の時間より早めに射精してくれますのでプレイを早く終わらすことが出来ますので負担が軽くなります。

感度の高いお客様の場合、こちらが感じているフリをすればより早く射精するので、ぜひやってみてくださいね。

ただ、プレイを早く終わらせたいからと言って、余りにもバレバレなわざとらしい演技をするのは辞めましょう。

演技をすればお客様を満足させられるから

どんな男性も自分のテクで女性を気持ちよくさせたいと考えています。

極端な話ですが、ずっと無言・無表情で受けに回られたらがっかりしてしまいます。

せっかく来てくれたお客様にそんな思いをさせるのは心もとないなので、演技をしてでもお客様を満足させてあげましょう。

感じているフリをすればお客様の方も「ああ、気持ちよくなってくれているんだな」と思い、満足してくれます。

お客様を満足させて気に入ってもらえれば、次回指名してもらえる可能性も高くなるのでぜひやってみてください。

自分の体を守ることができるから

意外と思われがちですが、演技をすることで自分の体を守ることも出来ます。

お客様の中には、感じていないと思うと手マンを激しくしたり、最悪中に挿入しようとする方もいます。

激しくされると膣が傷んでしまい、業務にも支障が出てしまうので、そういったことを回避するためにも、演技をしましょう。

ただ、たまに「もっと気持ちよくしてやるよ」と言って激しくしようとするお客様もいるので、そういった場合は「今みたいに優しくされたほうが気持ちいいよ~」などと行って回避するようにしましょう。

本当に感じていると思わせる自然な演技のコツ

ではお客様に感じていると思わせるには一体どうすればいいのでしょうか。

ここでは演技をする際のコツをご紹介していきたいと思います。

新人風俗嬢さんは特に参考にしてくださいね。

相手がしてくる動きに合わせて声を出す

まず、演技をする際に必要なのは、相手がしてくる動きに合わせることです。

極端な話どこも触っていないのに「あんっ」とあえいだら、お客様も不審がりますよね?笑

そうならないためにも、相手の動きをよく観察し、それに合わせて声を出すようにしましょう。

お客様が肌に触れてきたら「んっ...」、胸やアソコを触り始めたら「んぅ...」、本格的に責め始めてきたら、「んあぁ...」といった感じで声を出していくと、お客様に責められて感じている雰囲気を醸し出すことが出来ます。

膣を収縮させる

手マンなどをされた場合は、膣を収縮させることで感じていると思わせることが出来ます。

膣を収縮というとやや難しいイメージがあると思いますが、実際はほぼ簡単です。

便を出す時と同じような感覚で、キュッキュと締めれば大丈夫です笑

膣を収縮させることで、お客様も「あ、感じてくれているんだな」と思い、スムーズにプレイすることが出来ます。

目を見て喘ぎ声を出す

プレイをして、演技に集中したいからと言ってうつむいてばかりはNGです。

お客様は女の子の感じている顔も見たいと思っているので、目を見て喘ぎ声を出してあげるといいでしょう。

といってもガッツリ見る必要はありません。

チラッと見せたり、数秒間見つめるだけで大丈夫です。

目を見てあえぐことで、お客様も興奮し、よりスムーズにプレイが出来ます。

同時に体をくねらせてもいいかもしれませんね。

濡れにくい人はプレイ前に潤滑ゼリーを仕込んでおく

感じている演技は出来るけれど、体質のせいかなかなか濡れない...。

そんなときは、事前に潤滑ゼリーを仕込んでおくといいでしょう。

注射器のような容器にゼリーが入っており、それを1プッシュして膣に仕込んでおき、時間が経てば本物の愛液のように出てくるため、濡れていると思わせることが出来ます。

私もプレイをしすぎて濡れなくなったときによく使っていました。

膣の中にいれてもそこまで痛くなく、ゼリー自体も無害のため安心して使用することが出来ます。

お客様のことも満足させられるので、濡れにくい方はぜひ潤滑ゼリーを仕込んでおいてくださいね。

稀にいる勘違い客に注意!

ただ演技をすることで、弊害が出ることもあります。

それは、勘違い客です。

演技をしていると「そんなに感じているんだ。じゃあ、挿入してもっと気持ちよくしてあげるよ」という人や、「濡れてるね。もっと激しくしてあげる」と言って激しく手マンをしてくる人と必ず遭遇するかと思います。

特に感じているからといって本番行為をしようとするお客様はかなり悪質です。

どれだけこちらが説得しても「でも挿れたほうが気持ちいいよ?そんなにびちゃびちゃ濡れてほしくないの?」と言って聞いてくれません。

そうなってくると本当に面倒なので、本番行為をしつこく強要された場合はお店のスタッフに連絡をしましょう。

出禁にしてくれたり等の処置を取ってくれます。

本番行為はご法度なので、もし強要をされたらすぐに連絡をしましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は風俗に欠かせない演技力をご紹介していきました。

演技力を身に着けておけばお客様も満足させることができ、なおかつ自分の身を守ることが出来ます。

中にはものすごい勘違い客もいますが、そういった場合はスタッフに連絡をするなどしておけば安心です。

演技力を身につけることで、指名率がアップし、より稼ぐことが出来るのでぜひ試してみてくださいね。